色々な種類がある

工事現場

振動ふるい機とは、物の大きさによって選別、異物を取り除くために用いられる機械です。一般的な機械の上部には、網が設置され、その網の上に選別したり、異物を取り除いたりしたい物を入れて、網を振動させることで、網目の大きさによって物を選別することができます。振動は、振動を起こす振動体に取り付けられた二つのウエイトによって発生します。これは三次元運動と呼ばれ、上部のウエイトの回転によって水平運動、下部のウエイトの回転によって垂直運動を作ることで、水平・垂直・傾斜の三次元運動が発生します。異なる振動を組み合わせることで、選別の時間が短縮されます。振動ふるい機には、複数の円盤が回転するディスクタイプ、筒状の網が回転する回転式スクリーン、水平振動のロータリータイプがあります。また、モーターなどの性能がアップしたことで、以前のふるい機よりもスピードが向上し、従来品よりも半分以下の時間で選別が可能となったり、振動のパターン変更が可能になったりと進化しています。ふるい機は、振動によって騒音が気になるのが難点でした。しかし、構造を強固にすることにより、騒音を低下させたタイプの商品も販売されるようになっています。また、振動ふるい機では、固形物に使うものという印象がありますが、粉状の物から液体まで使用可能となっている商品もあります。

作業時間短縮と人件費削減が可能

工事現場

振動ふるい機が多くの人に選ばれる理由が、作業を短縮できるという点です。人の目によって選別をすれば、とても精度の高い作業をすることができます。人が作業をすることで、高度な作業も可能ですが、その分時間と人件費が必要になります。利益を向上させるためには、作業時間の短縮、人件費を削る必要があります。この2点を実現できるのが振動ふるい機です。はじめから人が目視で選別するよりも、まず振動ふるい機を使ってある程度選別を終わらせてから人がすれば、短時間で精度の高い作業をすることが可能になります。そして、人を使う時間が短縮されることで人件費削減も可能です。ふるい機には複数の種類がありますし、スクリーンと呼ばれる網も、用途に合わせて選ぶことが可能です。本体を設置してしまえば、スクリーンは工具を使うことなく交換可能な製品もあります。衛生面にも配慮された製品も販売されるようになり、建材や金属などの業種だけでなく、化学や食品、医薬品系の業種でもふるい機は用いられるようになり、あらゆる作用で選別作用には欠かせない存在です。作業の簡略化や効率化を考えている人は、振動ふるい機の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

広告募集中